【新型コロナウイルス対策実施】
広島祥龍堂では新型コロナウイルス対策として、スタッフ出勤時の体温チェック、作業前のアルコール消毒とマスクの着用、トラックのアルコールまたは次亜塩素酸水での消毒を行っておりますのでご安心してご利用下さい。

象牙工芸品の買取

2019.09.09カテゴリー : 骨董品買取ブログタグ :

こんにちは。
広島の骨董品買取専門店「祥龍堂」です。

8月末に開かれたワシントン条約会議では、
幸いにも今回は、象牙の日本市場完全閉鎖は見送りになりました。
しかし、ネットオークション市場では、
メルカリ・楽天に次いでヤフーでも、
11月1日に禁止と発表されました。
これを機に骨董市場での象牙工芸品まで、
白い目で見られかねないのは残念でなりません。
歴史上最も古い象牙の工芸品は、
正倉院宝物中の紅牙撥鎮尺(こうげばちるしゃく)です。
儀式用の一尺物差しと見られます。
鎌倉時代からは主に茶道具などに多く用いられ、
江戸時代には、根付・印寵・櫛・簪として、
現代でも、三味線の撥として高名な演奏家に愛用さております。
実用品加工されたものでは、
麻雀牌、琴の爪や柱、弦楽器のピック、くし、かんざし、
などがあります。
これ、もしかしたら象牙じゃないか!
とのお声を耳にされましたら、ご遠慮なくご相談ください。
「祥龍堂」では、お客様のプライバシーは厳守いたします。
象牙は違法だから、と早合点されてしまう前に、
是非ご一報ください。

古美術・骨董の買取
一点だけでも大量でも
まずは、下記フリーダイヤル・メールにて
お気軽にご相談ください!

広島で骨董品・古美術の買取なら0120-131-966
骨董品・古美術品買取のメールでのお問い合わせ