【新型コロナウイルス対策実施】
広島祥龍堂では新型コロナウイルス対策として、スタッフ出勤時の体温チェック、作業前のアルコール消毒とマスクの着用、トラックのアルコールまたは次亜塩素酸水での消毒を行っておりますのでご安心してご利用下さい。

蒔絵・漆器の買取

2019.10.12カテゴリー : 骨董品買取ブログタグ :

三原市内まで、
蒔絵・漆器の買取にお伺いいたしました。
蒔絵小箱・硯箱・盃、輪島塗花器、等を
高額買取させて頂きました。
硯箱には、
烏帽子を被った男が若い女を背負って川渡りの
絵柄が施されておりました。
言うまでもなく「芥川」ですね。
見習い時代の私は、これを知りませんでした。
呆れ返った鑑定士からは、
今のうちに「伊勢物語」や「源氏物語」ぐらいは
目を通しておかないと、取り返しがつかなくなるよ!
と、諭されました。
今でもこの二冊は、
本棚の手の届くところに差してあります。
古いものからは学ぶことが多いです。
一昨日ノーベル賞を受賞された吉野彰氏も、
学生時代は考古学部だったそうです。
最先端化学の研究の傍ら、
古いものからも滋養を得ていたのですね。

蒔絵・漆器の査定・買取でしたら
まずは、下記フリーダイヤル・メールにて
お気軽にご相談ください!

広島で骨董品・古美術の買取なら0120-131-966
骨董品・古美術品買取のメールでのお問い合わせ