【新型コロナウイルス対策実施】
広島祥龍堂では新型コロナウイルス対策として、スタッフ出勤時の体温チェック、作業前のアルコール消毒とマスクの着用、トラックのアルコールまたは次亜塩素酸水での消毒を行っておりますのでご安心してご利用下さい。

床下に埋められた瓶の中から、古銭と切手

2019.05.13カテゴリー : 骨董品買取ブログタグ :

こんにちは。
広島の骨董品買取専門店「祥龍堂」です。

前回に引き続き、今回もちょっとしたドラマがありました。
ご依頼は、江戸時代の古銭の鑑定でしたが、
事の発端にはいささかロマンチックなものがございます。
シロアリ駆除のため、床下を掘り起こしていたところ、
土中に埋まっていた瓶から古銭が出てきたということです。
「花咲か爺さんの」の昔話を知らない人がいないように、
「ここ掘れワンワン」式に、土の中から出てきたかめには、
金銀小判がザクザクを期待してしまいますね。
古銭自体は江戸時代のポピュラーな通貨で、
市場にはかなり出回っているものでした。
ただ、一緒に見つかった切手の方に目を引くものがございました。
切手コレクションの王道ともいえる「趣味週間シリーズ」で、
シートのまま筒状になって保存されていました。

広島県内では戦災に見舞われなかった数少ない地域ですので、
これだけの逸品が無傷で発見されたのでしょう。
しばらくは、親族でご鑑賞されることをお勧めいたしました。

もしかして、これはお宝かもと思ったら!
まずは、下記フリーダイヤル・メールにて
お気軽にご相談ください!

広島で骨董品・古美術の買取なら0120-131-966
骨董品・古美術品買取のメールでのお問い合わせ