【新型コロナウイルス対策実施】
広島祥龍堂では新型コロナウイルス対策として、スタッフ出勤時の体温チェック、作業前のアルコール消毒とマスクの着用、トラックのアルコールまたは次亜塩素酸水での消毒を行っておりますのでご安心してご利用下さい。

蚤の市でおまけにもらった絵が!

2019.08.19カテゴリー : 骨董品買取ブログタグ :

こんにちは。
広島の骨董品買取専門店「祥龍堂」です。

みなさまは8月13日放送分の「なんでも鑑定団」を、
ご覧になりましたでしょうか?
蚤の市で買った挿絵のおまけにもらった絵が
ロシアの彫刻家・ザッキンの作品だったというのです。
3,500円で買った挿絵のおまけに貰った絵が、
400万円という鑑定額ですから、
唖然とするしかありません。
ザッキンは国際的な評価に比べて国内での知名度が低く、
たいへんな親日家で二科会外国会員でもあったため、
日本国内に多くの作品が残されており、
このような夢物語が現実になったようです。
近年の話でも、
アメリカでは蚤の市でルノアルールの真作が700円。
ロンドンでは26カラットのダイヤがガラクタとして、
1,450円で売られていたりしました。
今年の「祥龍堂」の成果としても、
海外コレクターの探求リストに掲載されている
「入れ紙」に使われていた版画・和小物・根付等
を発掘し、高額買取を実現いたしました。
夢物語が本当にあるのも、
骨董・古美術の醍醐味ですね。

ただものではないガラクタを見かけましたら、
ご遠慮なくお問い合わせください。
まずは、下記フリーダイヤル・メールにて
お気軽にご相談ください!

広島で骨董品・古美術の買取なら0120-131-966
骨董品・古美術品買取のメールでのお問い合わせ