【新型コロナウイルス対策実施】
広島祥龍堂では新型コロナウイルス対策として、スタッフ出勤時の体温チェック、作業前のアルコール消毒とマスクの着用、トラックのアルコールまたは次亜塩素酸水での消毒を行っておりますのでご安心してご利用下さい。

清代の花瓶と大壺の買取

2019.06.29カテゴリー : 骨董品買取ブログタグ :

こんにちは。
広島の骨董品買取専門店「祥龍堂」です。

大阪では厳戒態勢の下、G20サミットが開催されています。
思ってもみなかったところで物流の影響を蒙ったり、
世界の複雑な連鎖関係を痛感させられます。
どうしても職業柄、ご出席の各国首脳以上に気になるのは、
それぞれのお国の古美術・骨董品のことですね。
このジャンルでの注目もやはり、中国になります。
爆買い・ファーウェイ・一帯一路・海洋進出といった
政治・経済の動向ばかりではなく、
骨董市場の動きでも鍵を握るのも中国になってきます。
07年に改定しされた「中国文物の海外持ち出し基準」の影響で、
世界中のバイヤー間での争奪戦は、熾烈を極めています。
以前買取査定のご依頼を頂きましたお客様より、
清代の花瓶と大壺を買取させて頂きました。
やはり御祖父様の収集品ということですが、
現在とは違った基準での、
暮らしの豊かさを感じさせられる逸品です。
専門の鑑定士の話ですと、
「きみね、あれ、飾りの取っ手の部分が破損していたから
この値段だけど、完全な状態だったら我々じゃあ、手が届かないよ」
ということでした。
古美術・骨董品はその繊細さゆえに、維持管理には神経を使います。
心の負担を重く感じられた際には、ぜひご一報ください。

まずは、下記フリーダイヤル・メールにて
お気軽にご相談ください!

広島で骨董品・古美術の買取なら0120-131-966
骨董品・古美術品買取のメールでのお問い合わせ