【新型コロナウイルス対策実施】
広島祥龍堂では新型コロナウイルス対策として、スタッフ出勤時の体温チェック、作業前のアルコール消毒とマスクの着用、トラックのアルコールまたは次亜塩素酸水での消毒を行っておりますのでご安心してご利用下さい。

江戸時代後期の「根付」の買取

2019.07.29カテゴリー : 骨董品買取ブログタグ :

こんにちは。
広島の骨董品買取専門店「祥龍堂」です。

7月17日付でご紹介いたしました、
根付の買取査定の正式なご依頼を頂きました。
>そちらって、ホームページに派手さはないんだけど、
>なんか一生懸命の方向が、あたしに近いかなって
>親近感を感じるところがあってさ
と、嬉しいお言葉を頂戴いたしました。
お返しに、
『根付 NETSUKE ジャパノロジー・コレクション』 角川ソフィア文庫
を手みやげにお伺いいたしました。
根付は、江戸時代後期のものが11点。
他にも、やはり江戸時代後期のかんざし・くし・笄・帯留め
さらに明治中後期のものもチラホラとございました。
お父様のお話では、
隔世遺伝的に着道楽を輩出する家系らしく、
その子は親を反面教師に堅実な道を歩み、
逆に今度はその子が、祖父母に似た浪費型になると……。
果たして、ご依頼主様のお嬢さんはどちらの方へ?
干支や動物物の根付は家宝として代々伝えていきたいと温存され、
仙人・縁起物を買取させて頂きました。
江戸時代の根付は、版画などと同様に、
そのほとんどが海外のコレクターの元に流出しているそうです。
斯界の権威である「国際根付ソサエティ」も、
その構成員の9割以上が海外在住者ということです。
広島市内郊外のなんの変哲もないご家庭でしたが、
日々の暮らしの中にひっそりと文化を培っておられると、
この広島という土地がとても誇らしく思えてきました。

昔っぽい、謎の装飾品を見かけましたら、
何でも疑問にお答えいたします。
まずは、下記フリーダイヤル・メールにて
お気軽にご相談ください!

広島で骨董品・古美術の買取なら0120-131-966
骨董品・古美術品買取のメールでのお問い合わせ