【新型コロナウイルス対策実施】
広島祥龍堂では新型コロナウイルス対策として、スタッフ出勤時の体温チェック、作業前のアルコール消毒とマスクの着用、トラックのアルコールまたは次亜塩素酸水での消毒を行っておりますのでご安心してご利用下さい。

新聞紙に包まれた茶碗の正体は?

2019.12.26カテゴリー : 骨董品買取ブログタグ :

こんにちは。
広島の骨董品買取専門店「祥龍堂」です。

広島市内の戸建て住宅からのご依頼でした。
クリスマスツリーの飾り物を探していたところ、
古新聞に包まれた茶碗が3個出てきたそうです。
探しものには福がある季節ですね。
画像で確認できるだけでも、
萩焼の抹茶茶碗であることはわかります。
これはご先祖様からの、
ちょっとしたクリスマスプレゼントかもしれません。
お伺いしてみますと、
八代目岡田裕の作であることが判明しました。
箱も書付も見当たらないということですが、
高額買取決定です。
これほどのお宝を所蔵されていることですから、
他にも立派な茶道具が眠っているのは確実です。
大掃除の折にでも発見がございましたら、
またご連絡ください。

よくわからない古いものが見つかりましたら、
スルーせずに画像をお送り下さい!
古美術・骨董・伝統工芸品
一点でも大量でも買取いたします
まずは、下記フリーダイヤル・メールにて
お気軽にご相談ください!

広島で骨董品・古美術の買取なら0120-131-966
骨董品・古美術品買取のメールでのお問い合わせ