【新型コロナウイルス対策実施】
広島祥龍堂では新型コロナウイルス対策として、スタッフ出勤時の体温チェック、作業前のアルコール消毒とマスクの着用、トラックのアルコールまたは次亜塩素酸水での消毒を行っておりますのでご安心してご利用下さい。

床の間の千両役者「掛軸」

2019.09.12カテゴリー : 骨董品買取ブログタグ :

こんにちは。
広島の骨董品買取専門店「祥龍堂」です。

この夏、「根付」の買取をさせて頂いた若い女性のお客様より、
旅の思い出のメールを頂きました。
京都の老舗旅館に宿泊された際に、
「床の間の美」に心を打たれたという内容でした。
>ほかの空いているお部屋を全部見せてもらったら、
>部屋ごとに床の間のデザインから、
>掛軸から全部違うんです!
それどころか床柱に使われている木材自体が、
スギ、ヒノキ、ケヤキ、クワ、シタン、コクタン、
と、それぞれ違うはずですよ。
芸術は大まかに、二つに分類されるといわれます。
時間芸術:音楽
空間芸術:美術
ですから床の間は、舞台芸術などと同様の総合芸術ですね。
それも何百年というスケールの大きな総合芸術です。
その立役者が掛軸ともいえると思います。
昨今の住宅事情もあって、床の間のあるご家庭自体が減少し、
役者の見せ場そのものが少なくなってしまいました。
みなさまのご家庭にも千両役者が、眠っているかもしれません。

押し入れ・納戸・物置・蔵などで、
掛軸を見かけましたら、
まずは、下記フリーダイヤル・メールにて
お気軽にご相談ください!

広島で骨董品・古美術の買取なら0120-131-966
骨董品・古美術品買取のメールでのお問い合わせ