【新型コロナウイルス対策実施】
広島祥龍堂では新型コロナウイルス対策として、スタッフ出勤時の体温チェック、作業前のアルコール消毒とマスクの着用、トラックのアルコールまたは次亜塩素酸水での消毒を行っておりますのでご安心してご利用下さい。

小川芋銭、川端龍子等の掛軸・木版画を買取。

2021.06.03カテゴリー : 骨董品買取ブログタグ :

こんにちは。
広島の骨董品買取専門店「祥龍堂」です。

テレビのお宝鑑定番組に、
藤原定家「明月記」の断簡が登場しました。
当然、驚きの評価額となりましたが、
千年近くも前の直筆が原形を留めているという、
紙の力に改めて驚愕いたしました。
ペーパーレス社会とはいっても、
やはり紙の力は偉大ですね。
広島市内のお客様より、
掛軸買取のご依頼を頂きました。
明治・大正の花鳥・山水画を中心に50本ほど。
巻を解いてみますと、
小川芋銭の本物があるかと思えば、
無名・写し・印刷と状態も内容も様々でした。
さらに川端龍子の木版画を額装したものもあり、
「ホトトギス」に関連した蒐集かもしれません。
ご依頼主様の承諾を得て詳細な鑑定のうえ、
査定額をお伝えさせて頂くことになりました。

古美術・骨董・伝統工芸品
一点でも大量でも買取いたします
まずは、広島の骨董品買取専門店「祥龍堂」まで、
下記フリーダイヤル・メールにて
お気軽にご相談ください!

広島で骨董品・古美術の買取なら0120-131-966
骨董品・古美術品買取のメールでのお問い合わせ