【新型コロナウイルス対策実施】
広島祥龍堂では新型コロナウイルス対策として、スタッフ出勤時の体温チェック、作業前のアルコール消毒とマスクの着用、トラックのアルコールまたは次亜塩素酸水での消毒を行っておりますのでご安心してご利用下さい。

大名の必需品・名刀正宗の買取査定

2019.08.13カテゴリー : 骨董品買取ブログタグ :

こんにちは。
広島の骨董品買取専門店「祥龍堂」です。

お馴染みさんからのご紹介で、
福山市まで刀剣の買取査定にお伺いいたしました。
江戸時代の大鑑定家による、
刀剣の鑑定書である「折紙」が付されているため、
真贋に疑う余地はありません。
問題は「刀剣」の状態だけです。
依頼品は大名道具として知られた名刀正宗です。
江戸時代の作ですが、
残念ながら正宗の作ではありませんでした。
正宗は大名の必需品で、江戸時代には300もの藩があったわけですから、
当然それだけの数の正宗は賄いきれません。
そこで、目利きで知られる鑑定家が銘がなくても出来の良い刀に
「正宗」の折り紙をつけることはよくあったそうです。
刀身は研ぎ直した後があり、身幅が細く、錆も出ています。
専門鑑定士は、これだけの難点を指摘しながら、
7ケタに迫る査定額を提示しました。
さすがは、大名道具!

お盆休み中も営業しております。
謎の骨董品の来歴に関するお問い合わせだけでも大歓迎です。
まずは、下記フリーダイヤル・メールにて
お気軽にご相談ください!

広島で骨董品・古美術の買取なら0120-131-966
骨董品・古美術品買取のメールでのお問い合わせ